よくある質問

皆様からいただいた
よくあるご質問とその回答です

ペットの供養や、仏具のお手入れ方法など、皆様からいただいたよくあるご質問とその回答をご紹介致します。

ペット供養について

可愛がっていたペットが、死んでしまいました。どうやって供養してあげればよいでしょうか?

ペットのためのお墓ももございます。大切な家族の一員を思いを込めて供養しましょう。

水引と表書きについて

お香典の表書きにはどんな書き方がありますか?

仏式のお香典の表書きは「御霊前(ごれいぜん)」「御香典(ごこうでん)」「御香料(ごこうりょう)」「御仏前(ごぶつぜん)」などがあります。浄土真宗では「御霊前」を使わず「御仏前」を用いる場合がありますので、気をつけましょう。


故人の宗派がわからない場合はどうすればよいですか?

その場合は宗派に関係の無い「御香典」という言葉を書いておくのが無難です。お香典袋は黒白の水引をかけた、白い不祝儀袋を使用します。


仏式以外の宗教ではどのようになりますか?

神式の場合は「御神前(ごしんぜん)」「御玉串料(おんたまぐしりょう)」などが用いられ、キリスト教式では「御花料(おはなりょう)」「献花料」などが用いられます。


表書きのほかに書かなければならないことはありますか?

表書きの下に差出人の名前を書きます。また中包みには、表に金額、裏には必ず住所・氏名を書きます。住所・氏名が書いてあると相手も整理しやすくなります。


仏具について

真ちゅうの仏具が黒ずんできました。「真ちゅう磨き」はどうしたら良いですか?

真ちゅうは空気に触れると表面が酸化して黒ずんできますので、定期的に(年2回くらい)お磨きをします。真ちゅう磨きの溶剤には、アモア、ピカール、ソフトアルボンなど何種類かありますが、コンパウンド(磨き粉)入りの液を付けて汚れを磨き落とすので手間が掛かかるのが難点です。そこで当社お勧めの手間が少なく、きれいが長持ちする真ちゅう磨きの手順をご紹介します。