第24回伝統的工芸品仏壇仏具展で受賞しました。

2月に開催されました第24回伝統的工芸品仏壇仏具展に出品したお仏壇2本が、それぞれ受賞しました。当社の職人たちが日ごろ磨いた技と心を込めたお仏壇です。現在白根本店に展示中です。

【新潟県知事賞】受賞 『黎明』 五十代前開き 呂色仕上げ 三ツ割欄間 沈金組子細工

戸裏の桜は沈金蒔絵。三ツ割欄間の天楽器には截金細工を施し、障子は組子を採用。伝統的な形の中に個性の感じられるお仏壇です。

※沈金(ちんきん)… ノミで塗面に模様を彫り、彫った跡の凹部に漆をすり込み、そこへ金・銀の箔や粉、または色の粉を埋め(沈めて)模様を描く伝統技法 

※ 截金細工(きりがねさいく)…金箔・銀箔・プラチナ箔を数枚焼き合わせ細く直線状に切ったものを、筆と接着剤を用いて貼ることによって文様を表現する伝統技法

【新潟市長賞】受賞 「五十代前開き 三ツ割欄間 一号箔縁付」